一般的に有料老人ホームとは、高齢者の方が暮らしやすいように配慮した「住まい」に、食事の提供や介護の提供、洗濯や掃除、健康管理などの日常生活を送るうえで必要なサービスがついている住まいのことを言います。この有料老人ホームの入居の条件は一定ではなく、その施設に合わせて条件が設定されています。

大きく介護が必要でない人と必要な人とに分けることができ、介護が必要でない人が入る施設は各個人の部屋のつくりは居住環境重視でお風呂やキッチンがついているマンションタイプが多く、介護が必要な人が入る施設の部屋はワンルームタイプで介護がしやすいようにベッド周りを広くとってあったりするところが多いです。また、同じタイプの施設であっても受けられるサービスは施設ごとに違うので、どのサービスが自分には必要かを考えて合ったところを見つけるのが良いとおもいます。



有料老人ホームと同じような施設に特別養護老人ホームと呼ばれるものもあります。

OKWaveの新しい魅力を紹介します。

こちらは有料老人ホームとは違い、公的に運営されており相部屋となることもありますが、比較的費用も安く入ることができます。

しかし、条件として65歳以上であり要介護1~5の認定を受けている常に介護が必要な状態で、状態が重度の方の入所が優先されるため、入居までに早くて数か月かかる狭き門です。



最近では現代のニーズに合わせた比較的費用が安い有料老人ホームもできてきていますので、いろいろな場所を比較検討してみるといいと思います。