老人ホームへの入所を希望している介護が必要な高齢者が増加しているため、入所は、介護保険で認定されてから順番に可能になります。

しかし、こちらへの入所は、介護保険の認定を受けてもその費用がかなり負担となっているケースもあります。
介護保険で自己負担分に加えて、必要となる負担金を合わせると平均的な目安として9万円程度は月々必要となります。

そのため、軽費老人ホームへの入所を希望している人も多くなっています。



軽費老人ホームの場合は、有料老人ホームと比較すると、 かなり費用面で低額に抑えられる反面、生活の自由度に限りがある点があります。したがって、こちらに入所が可能な人と言うのは、身の回りのことはある程度、自分で対処することができていて、身体機能の低下したためにしっかりと自立した日常生活を営んで行くことに不安がある人、身寄りのない人、あるいは、家庭の事情等によって家族と同居をすることが困難な人という制約があります。



年金で入れるところを探しているという方が増えているため、経費老人ホームの場合には、所得制限など設けています。これは制約と合わせて出来るだけ、必要としている人が入りやすくするための方法です。



これから、老後の暮らしを控えている方は、先々のことをどう暮らして行けばいいのかが懸念されることでしょう。

事前に気になっていることや不安なことなどは、各市町村の相談窓口や、老人保健施設へ相談をしてみるのがよいでしょう。