慢性的な不況下において、不況知らずとも言えるほどの成長業種があります。

福祉業界です。



高齢化社会はこの先も進む一方で、福祉業界も需要が伸びることが見込まれています。


現在も成長を続けていて、この先も需要の一途を辿ることが見込まれているのがデーサービス等の在宅訪問サービスです。

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム等、施設サービスもある中で今や福祉系業種の中心的役割を担っていると言ってもいいかもしれません。

それだけ施設入居ではなく在宅を好むユーザーが多いというあらわれだと思います。

昨今、医療機関とのタイアップがますます強化する福祉サービスの現状にあっては、訪問サービスにおいても看護師などコ・メディカルとのタイアップがますます図られることが予想されます。

一方で、成長する福祉業界において懸念される問題もあります。
もはや周知の事実になっている感もありますが、人手不足の問題です。

これは半ば慢性化していると言えます。


取り分け、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム等、施設サービスで人手不足が慢性化しています。

人手不足の理由は、福祉系業種に見られる低い労働対価、過酷な労働環境です。

大半は低い労働対価、過酷な労働環境に嫌気がさして辞めてしまう。



結果、人の入れ替わりが激しい、人が固定しないという状況となります。

問題なのは、福祉サービスの経営者もそのことは先刻承知で、中には人手不足であった方が人件費を安くできるから都合がいいと考える経営者も多数います。


欠員分は非正規社員で補うわけですが、非正規社員の定着化も正規社員に比べ不安があるのは自明の理です。

これが福祉業界の現在の課題であり、国も補助金制度の強化、人員確保対策など本腰を入れて臨む課題のひとつです。