有料老人ホームとは、医療的な支援が受けられない療養生活場と考えている人は多くなっていますが、実は有料老人ホームであっても在宅看護を受け入れる事ができます。

理由としては、日中には基本的に有料老人ホームには看護師がいるものの、夕方になると看護師が帰宅してしまうため、胃ろうや吸引処置が必要な場合に適応できるという事があります。

今では慰労や吸引の処置が出来る介護士の育成が進んでいますが、看護師の数に比べると圧倒的に少なく、在宅看護サービスの適応となるのです。



また、介護士は生活上のお世話をする事がメインとなりますが、看護師はお世話の先にある医療知識を用いたリスクの判断とそれを取り除くための行動とは何かを考える事が仕事です。



ですから、医療処置のいる、要介護度の高い人にとっては在宅看護を受けることで肺炎などの様々な合併症を防ぐことが可能です。

在宅看護というイメージは民家でしか使えないサービスだと感じている方が多いのが現状ですが、本来は今生活している場面から出来るだけ動かないでも良いように支えるサポート体制を整える事がメインの仕事ですので、ホームであっても使えるのは当然といえば当然です。



しっかりと医療従事者が入院時に調整する際に情報を提供しながら、住み慣れた有料老人ホームでの生活を継続できるようにする事が重要となりますので、当事者となる場合はしっかりと情報提供を促せるように事前に情報を収集する事をお薦めします。